nakamurakko’s diary

仕事で覚えたこと、勉強したことを自分のメモ代わりに書いていこうかなと。

Azureでドメインを購入する

Azureでドメインを購入して、さらにAzure CDNに関連付けた時のメモ。

ドメイン購入

App Service ドメインで追加を選択する。 ドメイン検索用のテキストボックスが表示されるので、購入したいドメインを検索する。 入力が完了すると候補のドメイン名がいくつか表示されるので、希望のドメインにチェックをつける。

f:id:nakamurakko:20200221091458p:plain

注意点

  • 検索するとドメインの候補の1つ目に必ずチェックがついているけど、希望のドメインではない可能性があるため、注意が必要。(既に登録されているドメインは候補に出ない。)
  • 料金は必ず確認する。(今回は$11.99 USD、購入時点で約1,200円。)
  • 購入後、ドメインの自動更新は「オン」になっているので、短期間使用を目的としているのであれば、「オフ」にしておく。

ドメインとAzure CDNの関連付け

今回は購入したドメインをAzure CDNのエンドポイントと関連付けてみた。

DNSレコード設定

DNSゾーンで作成したドメインを選択して、「レコード セット」を選択する。

f:id:nakamurakko:20200221091614p:plain

各項目を入力する。TTLは適宜調整。

f:id:nakamurakko:20200221091633p:plain

項目 設定内容
名前 アクセスさせたいホスト名
種類 CNAME(Azure CDNのエンドポイントを指定したいので)
エイリアス Azure CDNのエンドポイント

カスタムドメインの追加

Azure CDNで対象のエンドポイントを選択して、カスタムドメインを追加する。

f:id:nakamurakko:20200221091656p:plain

DNS ゾーンで設定した「ホスト名+ドメイン名」を入力する。

f:id:nakamurakko:20200221091718p:plain

後はDNSに反映されるのを待って、サイトにアクセスして確認完了。

f:id:nakamurakko:20200221091742p:plain

改善してほしい点

Azure DNSには、現時点では他社からドメイン移管する方法がないため、既存ドメインを移管できるようにしてもらいたいなと。